entry

INTERVIEW
若手社員インタビュー

慶応義塾大学
SHUNPEI MAEDA

shunpei_maeda
Q1

学生時代頑張っていたことや活動

大学時代、アームレスリングに熱中していた僕は、練習しすぎて手が動かず、2年次に留年しました。まさかですね。(笑)
学年が一つ下になったとき、さすがに一人で人生を考えざるを得ませんでした。そのとき、学校外活動に精を出し始めました。
その中で漠然と、「起業したい」と思い始め、ちょくちょくイベント開いて小金を稼いでいました。自分でサービス作ってお金を頂く、という貴重な経験ができたのは事実ですが、逆に言うと、大した額は稼いでいなかったので、難しさも同時に感じました。
自分にはまだまだ力がないと自覚し、就職する判断をしたことも、今となっては価値だったなと。。。
そのとき感じられなかったことが、今はわかります。一般的に言うと、点と点が線で繋がった経験です。それは、今仕事をして社会で生きているからこそ感じられ、そういった意味でも、学生時代はビジネスが頑張ったことですね。

Q2

選考フローの中で印象に残っている出来事

選考そのものではないですが、選考の合間に当時の人事MGR(現・直属の上司)と食事に行くことになり、ひたすら明石家さんまについて話し込んだことですね。
当時、お笑いが好きだったのもそうですが、「さんまさんが何故、どれだけ凄いのか」を議論していて、波長が合ったというか、近いポリシーで生きている人がいるんだ、この人を目標に置きたいな、と素直に思えました。
そして今では、机を並べて一緒に仕事をしています。

学生時代
入社後
shunpei_maeda
Q3

現在の仕事のやりがい

経営観点で仕事ができていることです。特に、人事は経営の肝と言われているし、経営に近い、、、という願望の元、任せてもらっていることがやりがいですね。
ただ、「やりがい」とよく使われますが、そもそもどんな仕事にもやりがいはあるし、自分がどう捉えるかで変わります。
人事、特に採用について言えば、会社の未来を創る大事な仕事です。自分にとって、会社にとってどんな意味があるのかを考えるのが重要だと思いますよ。

Q4

どんな人と一緒に働きたいと思うか

人事としての目線、会社としての目線はもちろんいろいろありますが、個人的な意見を言うと、、、
「僕を超えられる人」です。
決して、僕が完璧な人間で何でもできるとか言うわけではないですが、自分より優秀な人と採るのは人事にとって至上命題です。僕より早く、大きく活躍できる人と是非仕事がしたいですね。

  • philosophy
  • workplace
  • challenge
  • company
  • info
  • recruit
  • support
  • entry
page-top