entry

INTERVIEW
若手社員インタビュー

東海大学
AYAKO ASANO

ayako_asano
Q1

学生時代頑張っていたことや活動

幼い頃から、体を動かすことが好きだったため、体育学部への進学を決め、教員免許の取得と、ゼミの活動に力を入れておりました。教員免許の取得は、卒業単位に含まれない授業や苦手なスポーツの単位も取得しなければならなかったので大変でした。もともと、スポーツが嫌いな人に、スポーツを好きになってもらいたいという思いが強かったため、教員免許の取得とともに、ゼミの活動で子供の運動不足やスポーツ嫌いを減らすような活動を行っておりました。毎週金曜日は、幼稚園や小学校へ行って、子供のスポーツ教室を開催したり、休みの日には幼稚園の先生や学校の先生向けのセミナー等を開き、少しでもスポーツを好きになってもらいたいという気持ちでした。

Q2

選考フローの中で印象に残っている出来事

二つあります。まず一つ目が、リクルーターの方がついてくださって、選考通過のたびに連絡をくださり、丁寧に選考のアドバイスをしてくださったことが印象に残っています。初めての就職活動で、不安なことや分からないことだらけでしたが、実際に働いていらっしゃる方からのお話を伺うことで、不安が解消され、自信になりました。また、自分が働いているイメージも湧いてきました。二つ目が、1回の面接に1時間もの時間をかけてくださったことです。就職活動中、1回の面接でかかる時間は15分程度で、聞きたいこともほとんど聞くことができませんでした。しかし、1回の面接にたっぷり時間を使ってくださるので、自分のことをちゃんと理解しようとしてくれてるのだと思い、嬉しかったです。

学生時代
入社後
ayako_asano
Q3

現在の仕事のやりがい

現在私は、コールセンター事業部の金融チームに所属しております。今年度に立ち上げた部署で、大きく成長させなければならないという気持ちで頑張ってきました。私にとって、派遣業界に就職するということ自体が挑戦です。初めてのことばかりで毎日がむしゃらに頑張っていますが、退職したい...もう頑張れない...と悩みをかかえたスタッフさんと接することがたくさんあります。その中で、私のフォローがあったことで、お仕事を続けることができるようになった方がいると、ちゃんとフォローしてあげることが出来てよかったと感じます。

Q4

どんな人と一緒に働きたいと思うか

どんなに難しいことも、最初からできないとあきらめることなく、挑戦できる人と働きたいです。向上心を持った人が周囲に与える影響はとても大きいと思います。その人の働き方を見て、自分ももっと頑張ろうと背中を押されることもたくさんあります。そのような気持ちを大切にしている方を尊敬しますし、一緒に成長していきたいと思います。

  • philosophy
  • workplace
  • challenge
  • company
  • info
  • recruit
  • support
  • entry
page-top